市原のデリヘルに通い続ける知人の脳内オプション

市原のデリヘルに暇さえあれば通い続ける常連客の知人が求めるオプションプレイ

*

市原のデリヘル嬢はお客を選べないから大変だw

飲み会の後に知人から風俗遊びのお誘いがあった、市原のデリヘルは本気で楽しめるから是非にとの話でたまにはいいかと私も同意して遊ぶ事に。誘ってくれた知人がやたらハイテンションで市原のデリヘルは何ぞやと延々話し姿をみて『よほど好きで通いつめているんだな』程度に流していました。
スマホでデリヘル店のホームページを開き『この子はこんな感じでこういう事があってこんな雰囲気で身体のどこそこが…』。。。ちょっとまてw
実際に逢った事がありお薦めの女の子の特徴を話しているレベルではなく、実体験のプレイの流れやら知人が思う事から願う事から印象までとなれば・・・体験談と評価を話されても私にどうしろと?
いくら市原のデリヘルが好きで通うのは勝手だが、それ以前に私はこの知人との付き合い方を考えなければならないかもと正直言って距離を置きたくなった気分だった。
話の流れから同じデリヘル店で頼むのは効率的にも同意した、別々の店を頼めばどちらかが少なくても帰る時に待たされる可能性が予測できるからだ。ただ、自分が遊ぶ女性は自分で決めるから大丈夫だしと話したがアツく語るので『自分で選ぶのが楽しみでハズレもまた楽しいから事前情報はいらないよ』としっかり線引きしてやっと引き下がった。

知人が予約電話をしてくれるとの事で私は自分が選んだ女性の名前だけを告げて頼んだ。
結構長い予約電話でちょっと不思議に思い聞き耳を立てていたら、自分の指名した子は大丈夫だが知人の選ぶ女性がなかなか決まらない。電話の後に『何かあったの?』と聞けば知人が本指名で頼む子が端から『本日予約いっぱい』『体調不良で先ほどその女性は帰った』などと連発してなかなか決まらなかったとの事w
それって間違いなくNG客なんだろうなと内心笑ってしまった♪
各自ラブホテルの部屋で待つと案内された女性が到着、ちょっとあどけない感じだが十分可愛くかなり運が良かったのかもと喜べた。少し緊張気味だったので軽い会話をしてからシャワーを浴びてごく一般的な流れでベッドへ。一息つかせてとタバコを吸いながら世間話をしていたのだが、妙に余所余所しい感じがしてたので『何かあったの?』と聞いてたら、お連れさんとは同じ会社の人?と問われ、ちょっとした知人だが接点は少ない旨を話すと、怒涛の如く責を切った様に知人の話が大量にでてきた(笑
その話がネタ的に楽しくてスケベ心よりも話に夢中になれるほど笑える話だw要約するなら知人は常連で多数の女性がNG連発!訳のわからぬ持論を持ち出して変態プレイの強要が激しいとの内容だ(笑
その一例一例を聞けば聞くほど自分の観点からは大きく外れ、市原のデリヘルに固執しているのだから女性も大変だなって本気思った。当然、この後の知人との付き合いは大きな距離を取ろうとも確信したんですけどねw

市原のデリヘルに在籍する女性の容姿が高いのは納得したが、知人は週二回は利用だが問合せ電話は毎日くるという、延々と女の子の評価や感想を述べて『こうするべきだ』と要望を伝えるのが日課らしい。その要望の内容も普通に無理だろうという変態プレイ。お金のやり取りをしているのだから全ての女性はプロ意識を持ってお客の要望に対して努力するべきであり、アダルトビデオの見すぎとも思える顔射プレイとか実現困難なシチュエーションプレイをひたすら話すというのだが、最初は笑い話でもあの知人にはドン引きというのが本音だ。
ちなみにデリヘル店のスタッフには私は一緒にしないでねと女性に伝えた所、大笑いで大丈夫と言われたw 話途中だがしっかりベッドプレイに誘われ気持ちよく昇天させてもらった、その女性は丁寧だし雰囲気もよくプレイも本当に誠実で満足度は非常に高いだけに、市原のデリヘルへ通いつめる事はないけど、たまにだったら本当にこれは楽しめるなと思った。帰り際に気に入られたのかメール交換を女性から持ちかけられた。『俺は頻繁に通えないけど?』と言ったが、そういうのじゃないから大丈夫というので交換したのだが、今でもプライベートで逢う事は互いにしないが暇つぶしのメル友として良い出会いにはなったと思ってる。

プレイ後に知人と合っての帰りの道中は市原のデリヘルは奥が深くてね・・・と誰が聞いても違和感を感じる様な変態じみた内容の願望を延々と語られて気分が悪くなった。結果として一緒に遊びに行った事でよい子と満足度の高い楽しさと出会いには恵まれたが、次回は絶対この知人とは別口で行こうとも思った(笑
今日出遭った女性の事もかなり執拗に聞かれたが、適当な話で誤魔化して細かい話は一切しなかった。

後日、他愛のないメールがあの市原のデリヘルで知り合った女性から不定期にくる。最初は顧客として誘われるのかとも思ったがメールを重ねる内に単純な気の合うメル友関係という割り切りでいたのにも感謝した。一ヶ月に一度逢いに行けば程度だが遊びには行ってます。どちらかといえばプレイよりも会話で笑ってストレス発散という形になってしまうんですけどね(笑 ただジュニアが自然と元気な時はしっかり抜かれますwww
ひとつ大きな失敗をしたのは変態の知人がたまたま自分の職場に営業にきた時に市原のデリヘルの誘いを断るのが非常に面倒な事。廻りへの気遣いがない奴だったので同じ職場の仲間にデリヘルに行った事は聞かれてバレたが、妻子が居るわけでもない男性だけに特に問題にはならないのがせめてもの救いだ。こっそり市原のデリヘルに行ってたり変態知人の話も聞いたりで必要以上にデリヘル遊びにはそれなりに詳しくなったのだが、いい女の出会い方をまとめてみた。

市原のデリヘルでの話しなので他でどこまで通用するか判らないけど、まずはネットで下調べ。お店のホームページを一つ一つ探すよりデリヘル専門の情報サイトが非常に便利。一例でいうなら市原のデリヘル専門ページがあるサイトが判り安い。当日の出勤情報なども踏まえて目ぼしい希望の女性を見つけたら電話してもしも予約でいっぱいなら別の店の目ぼしい女の子に切り替えたほうがいい。基本的に希望の女性が無理となった場合は電話担当のスタッフさんが別の女性を薦めてくるが、これは断った方がよいみたいだ。人気の高い子は予約争奪戦ですぐに埋まるそうだが、時間で案内しているので一人で稼げるには限度がある、店の売上を伸ばすには別の待機している女性を如何に仕事を回すかが店の売上をあげる唯一の方法だけに、電話でのお薦め嬢は人気のない女性というケースが多いという事らしい。あと目ぼしい女性が数時間後でも案内可能ならば指名料金を払ってでも待つことで確実に人気のある美人が案内されるほうを選んだ方が得策かもしれません。決して安くない金額だけに満足度は案内される女性によって大きく違うのがデリヘル遊び。指名料金や自分の今遊びたい都合を優先すると結果として満足できない女性がくるよりは遥かに違いますよね。私の場合は当初は可愛い子と沢山めぐり合いたいという思いもあったのですが、今となっては気の知れた第二の彼女という感じで同じ女性を指名しています。メル友というのもあるので出勤状況は聞けばわかるし、別の女性に入っても問題ないとも言われますが、それを言っているあの笑顔が逆に怖いかな(笑 デリヘルにはオプションというのがあり、私は頼んだ事はないけれど変態の知人はかなりのこだわりがあります。その妄想変態オプションの話しは散々聞かされたのでこれからのネタとして利用させて貰おうとは思ってます。

公開日:
最終更新日:2016/06/01